Menu

無為の一言

Home

無為の一言

無為とは―

無為とは『老子』の思想で無為自然、あるがままの意。
仏教では因果の関係に囚われない常住不変の存在「真理」。
私の場合は何もしないブラブラした無為な毎日からでる戯言。

2019年4月26日更新 「諸行無常」

平成も残すところあとわずかとなりました。
いざなぎ景気から経済大国となった日本は平成にバブル全盛期を迎え、好景気に沸いたかと思えばあっという間に崩壊、さらには自然災害が毎年のように続く中、平成も終わりを迎えようとしています。
盛者必衰の理と言うように勢い盛んもいずれは衰える。
令和となることを機に災害もなく景気も良くなるようにと皆一様に願っている事でしょう。
時代が変化して行く中、戦後から一本調子で景気が上がり続けた昭和を懐かしむ声はよく聞きますが、浮き沈みが激しく不安定な中で終わる平成は実に消極的な考えになってしまいます。

「生者必滅や一切皆苦」仏教もどちらかと言うと「滅ぶ」「苦しむ」と暗いマイナスのイメージで考える方が多いかもしれません。
しかし、決してそんな事はなく、只々時が流れ変化して行く中に生があり滅がある。
それを縁として喜があり哀があり時に怒があれば楽もあるのです。
個々の命ではなく、繋がっている大きな一つの命の流れと感じるところに仏性があるのでしょう。

私が住職を務めてからのお仏様は今年で十三回忌を迎えます。
ご遺族とは正確に言えば枕経から始まり、葬儀、四十九日忌、百ヶ日忌があり一周忌、三回忌と度々法要でお会いします。
年月を経て段々と死から生へ、悲から慈へ「前を向いて生きていこう」と変わってゆく姿を見続けています。
そんな姿を目の当たりにすると自然に「皆、生かされているんだな。」と感じさせられます。
私自身まだまだ未熟なゆえに仏性など、とても感じることは出来ませんが「繋がっている大きな命の流れにご縁を頂いているんだ。」と信じて生きていきたいものです。
「内(うち)平らかにして外(そと)成る」という平成の意味のように「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています。」とおっしゃられた陛下のお言葉を心から感謝し、新たな時代を迎えたいと思います。

過去の更新

七走一座

「七走一座」という言葉があります。
解釈は色々ですが、私が入寺して早や8年、地域密着、寺檀関係を築くために一意奮闘してまいりました。

ただ、震災後の過疎化の波は止まらず、
少しでも気仙沼本吉という小さな町の歴史に目を向けて頂きたく、この度ホームページを開設致しました。新たな気持ちで走りだし、良き仏縁なることを切願いたします。

臨済宗妙心寺派 安養山 淨勝寺

TEL: 0226-42-2515
住所:〒988-0341
宮城県気仙沼市本吉町津谷桜子74